ケースや風防はセーム革で綺麗に拭こう

機械式時計のケースや風防には汚れや手垢が付着しやすいです。その汚れや手垢はセーム革で拭き取ることで綺麗になります。セーム革が手元にない場合は、眼鏡拭きで代用するのも良い方法だと言えます。機械式時計の手入れ方法を知らないと、汚れや手垢を拭き取るときに水拭きを行ってしまう可能性があります。しかし、水拭きは錆びついてしまう原因になるため避けるのが良いでしょう。生活防水になっている機械式時計での使用期間が長いと、生活防水の役目を果たせなくなっている可能性もあります。錆びてからでは遅いので、乾いたセーム革や眼鏡拭きを使うようにしましょう。

風防には細かい傷が付着しているケースも考えられます。この細かい傷はセーム革では拭き取れません。そこで役立つのが歯磨き粉です。歯磨き粉で磨くことで、細かい傷は綺麗になくなります。

ベルトは金属製と革製で手入れ方法が異なる

金属製のベルトはコマとコマの間に皮脂や手垢が入り込んでいる可能性が考えられます。コマとコマの間に入り込んだ汚れは拭き取るのが難しいため、中性洗剤を使って洗うのが有効な手段だと言えます。手洗いするのも良い方法ですが、超音波洗浄機があると便利でしょう。革製のベルトの場合は、革製品専用のデリケートクリームを塗るのが良い手入れ方法になります。また革製のベルトは連日使用すると痛みやすいので、休養日を与えてあげるのが重要です。革製のベルトは湿度の高い場所に置くとカビが生えてしまうケースも考えられるので、できるだけ湿度の低い部屋で保管するのが良いでしょう。

オーデマピゲの腕時計は中古市場でも高額で取引されています。中でもロイヤルオーク は特に人気が高く、市場の流通量にもよりますが状態が良ければ定価よりも高く買取ってもらえる場合もあります。