普段食べないような洋菓子

東京は人が集まる場所だけに、世界各国の洋菓子なども取り扱いがあります。また時代のムーブメントを牽引する場所でもあるため奇抜で風変わりな見た目や食感の食べ物なども見つけやすくなっています。東京土産に選ぶのなら地元では手に入りにくい、出たばかりで新しいタイプの洋菓子を買っていくことで比較的喜ばれやすいと言えるでしょう。お金を掛けられるなら東京にしか無い高級店の洋菓子やケーキなどは喜ばれやすいですが、持ち帰る途中で崩れてしまうといけないので現地から地元へ配達してもらうなどの方法を取ると帰りも楽になるのでおすすめです。

地域に根づいた伝統の和菓子

東京には新しいものばかりだけでなく、さまざまな老舗も多くあります。洋菓子などと比べると大人の味であることが多いので、子供が居る人へのお土産には向きませんが、そうでなければ昔から引き継がれる歴史ある味の和菓子というのは特別な体験として喜ばれやすいお土産です。東京の名所巡りや雷門などに行った際、そのお膝元には和菓子の名店も数多く立ち並んでいるので立ち寄ってみると良いでしょう。

お洒落で味わい深い軽食

甘いものが苦手な人にも買っていきやすいのが軽食系のお土産です。ひとつあたりが大きく値段もするようになるので、お土産を渡す人数が少ない場合などにおすすめの方法です。中でも人気が高いのはカツサンドで、東京ではお肉が非常に分厚い特製のカツサンドを売っているお店があり、テレビなどでも取り上げられる事が多いのでお土産として買ってきて欲しいと思う人も多いようです。

カンパネラとは、イタリア語で「小さな鐘」を意味する言葉です。イタリア語ではカンパネッラと発音します。大きな鐘の場合はカンパーナと呼ばれます。