電子タバコの仕組みについて

電子タバコ本体をMODといい中にはバッテリーが入っています。MODにアトマイザーをつけて使用します。アトマイザーには好みのリキッドを入れます。MODのボタンを押すとバッテリーが働いてアトマイザーが加熱されます。中のリキッドが加熱されるとリキッドが蒸発してリキッドの成分が出てきます。これを吸うのが電子タバコです。

MODには発熱を調整する機能があるので、リキッドの加熱レベルを調整します。一度にたくさん吸いたいときには加熱レベルを高くします。従来のタバコは副流煙が大きな社会問題になっており、喫煙できる場所が非常に少なくなってきました。電子タバコは副流煙がない、または少ないことで注目されています。またリキッドにはニコチン成分を全く含まないものも多く禁煙の手段としても注目されています。

リキッドの種類にはどんなものがあるの?

従来のタバコと同じようにニコチン入りリキッドはタバコの味や香りを楽しみながら、副流煙を防ぐことができるので周囲の人に迷惑が掛からないのが特徴です。また、従来のタバコは直火でいぶすので多量のタールが出ましたが、リキッド式ではタールが少ないので健康面への影響も緩和されます。現在電子タバコ愛好家の間で主流になっているのはニコチンを含まないリキッドです。

従来のタバコとは全く違う味や香りを楽しむもので、イチゴやラズベリーなどの果物の風味を楽しむフルーツフレーバー、バニラやチョコレートなの甘い香りと味を楽しむスイートフレーバーなどがあります。また、ミントなどハーブの香りを楽しむものもあります。これらのリキッドにはニコチン成分は全く含まれていません。タバコという名前が付いていますが構造的にも成分的にも全く別のものです。

ニコチンリキッドは他のリキッドで薄める事で、自分でニコチンの濃度を調整する事が出来ます。その為、徐々にニコチンを減らしていく事で禁煙の助けにもなってくれます。