火災の心配がほとんどない

電子タバコはその名の通り、電気を使用したタバコのことです。火を使用していないので、タバコの火の不始末による火事の心配がありません。タバコによる出火は、常に火災原因の上位を占めています。火災は大切な住まいだけでなく、命を落とす危険性もあります。一瞬にして全てを失いかねない火事を避けることができるのが電子タバコの大きなメリットです。

健康への被害が少ない

日本の薬事法により、日本ではニコチンが入っている電子タバコは禁じられています。タバコを吸う人は吸わない人よりもがんの発症率が高くなっており、それはニコチンなどの発がん物質が含まれているからです。電子タバコには発がん性物質や有害な成分がそれほど含まれていないため、健康への被害を抑えながらタバコを吸うことができます。

充電しなければ使用できない

普通のタバコと違い、充電しなければ使うことができないのが電子タバコの特徴です。そのため、充電を忘れてしまったり、充電が切れてしまったりしたら、タバコを吸うことができなくなります。また、チャージャーを持ち歩かないといけないので、荷物がかさばるというデメリットもあります。紙のタバコであれば必要なのはライターだけですみますが、電子タバコは吸うために色々と準備が必要であり、その辺にもどかしさを感じる人が多いようです。

物足りないと感じることがある

電子タバコは紙のタバコと味が違っていたり、ニコチンが含まれていなかったりして、「何か物足りない」と感じてしまう人もいます。紙のタバコのような吸い心地や重みがあまり感じられず、味が薄くて吸った気がしないというような気持ちになってしまう人もいるようです。紙のタバコの味に慣れてしまった人は、電子タバコは物足りないと感じることが多いかもしれません。

ニコチンリキッドを使用する事によって、電子タバコでもニコチンを摂取できます。そのため、臭いが気になる紙巻タバコをやめられます。