内祝いのマナーについて

内祝いとは、結婚や出産などの慶事時にお祝いをいただいた人に対して返礼することをいいます。この内祝いにはいくつかのマナーがあり、それに反するようなことをしてしまうと失礼に当たることから、返礼品を贈る前にしっかりとその内容を理解しておくことが重要です。例えば、よく言われるマナーとして、内祝いの品の金額は、相手からもらったお祝い品の金額の半額程度に抑えるということがあります。必ずしも厳格に守らなければならないというものではありませんが、少なくとももらった品よりも高いものを渡すことは避けた方がよいでしょう。また、内祝いの品を渡すタイミングは、結婚や出産から1か月以内であることが望ましいとされています。あまりに時間が経ってしまうと、相手の信用を失うことになりかねませんので、落ち着いた時点でなるべく早めに渡すようにするとよいでしょう。

内祝いの品の選び方とは

内祝いの品の選び方に決まった方法はありませんが、基本的にはもらった相手に喜んでもらえるようなものを選ぶことが鉄則です。心を込めて選んだということが伝われば、何を選んでも問題にはならないでしょう。なお、相手の好みが分からないような場合には、カタログギフトを贈るという選択肢もあり得ます。ただし、カタログギフトには、相手が自分で好きなものを選ぶことができるというメリットがある反面、返礼品を選ぶのが面倒であったのだと相手に受け止められる恐れがあるというデメリットもあるため、それらを考慮して贈るかどうかを判断する必要があります。

元々は身内の慶事を祝う意味の内祝いですが、今は頂いたお祝いのお返しのことを指すようです。お祝いの主役の名前などが入ったものは避け、日用品の詰め合わせや、お茶やスイーツなどが定番です。