壁面緑化ってどんなもの?

壁面緑化とは建物の壁面を植物で覆い、緑化することです。緑の多い景観は人の心を和ませてくれ、それ以外にも夏は壁面の温度上昇を防ぎ、冬は保温効果を発揮するなどの効果があります。
壁面ではありませんが、家庭で窓際にグリーンカーテンを作っているのも、同じ効果が期待できるからです。
この壁面緑化を都市部の高層ビルやマンションなどに施すことで、都会の環境問題であるヒートアイランド現象の抑制に役立てることができます。

建物内の温度上昇を抑える効果

都市部では土地の表面がコンクリートとアスファルトで大部分を覆われているので、熱がこもりやすい状況にあります。その為夏になると、度々ヒートアイランド現象が発生してしまいます。ヒートアイランド現象の原因となる熱は、直射日光はもちろんですが、建物から発生する排熱も要因の一つです。
その対策として壁面緑化を行うと、壁の広い部分を植物で覆ってしまうので直射日光を遮断することができ、建物内の温度上昇を抑えることができます。気温が下がるとエアコンの利用量が減るので、建物からの排熱量を抑えることができるのです。
またエアコンの利用量が減ることで、省エネの効果も得られます。

壁面緑化で都会のオアシス効果

高い建物でも壁面は目に入りやすいですよね。その壁面に緑が溢れていたら、心が安らぎ癒されるのではないでしょうか。
植物には蒸散作用や空気清浄効果があり、空気を清潔な状態にしてくれます。またマイナスイオンの放出や緑の視覚的効果は、体をリラックスさせてくれます。植物が目の疲れを癒してくれるのは有名な話です。
壁面緑化が進み、無数にある都会の壁面が緑で覆われていけば、殺伐とした風景や人の心が潤いを取り戻すオアシス的な存在になるでしょう。

壁面緑化をすることは景観を良くするだけでなく、壁の温度上昇を抑える効果もあります。また騒音対策にもなることから、多くの場所で導入されてます。