難しく考える必要はない

アンティーク家具はなんとなく素人には敷居が高い気がしますが、難しく考える必要はありません。一脚の椅子からでも始められる楽しいものなのです。そこで、普通の家具とは違うアンティークの魅力をご紹介します。

傷もヘコミも歴史の一部

アンティーク家具の魅力は、世界にたった一つの家具というのが一番です。すべてのキズ、汚れ、へこみも歴史の一部として許容され、魅力的な要素になっています。現代にまで受け継がれているアンティーク家具は、今では手に入らない素材が使用されているものもあり、美しい木目が楽しめます。魅せるための繊細な彫刻が施されており、細部にまでこだわりぬいたデザインなのも魅力です。また、アンティーク家具は飽きの来ない定番のデザインなので、トレンドに流されずどんな時代にもマッチするのも魅力と言えるでしょう。

そして、アンティーク家具といえば古い家具というイメージですが、古い家具が全てアンティーク家具になれるわけではありません。良い素材を使いメンテナンスをして受け継がれてきたもののみ、アンティーク家具の称号を得ることができるのです。

お手入れも簡単で扱いやすい

アンティーク家具の魅力がわかったものの、古い家具なのでお手入れが大変なのではと懸念する人もいるでしょう。お手入れ方法は、普通の家具と何ら変わらず、硬く絞った雑巾で水拭きするだけで良いのです。定期的にワックスを塗ると、自然な艶をキープすることができ、より良い状態で家具を保つことができます。

このようにお手入れも簡単で扱いやすいので、お部屋のインテリアに加えてみてはいかがでしょう。

アンティーク家具とは製造後100年以上の家具のことです。使われている素材は今現在入手することが難しいものが多く、価値の高い貴重なものです。デザインも美しく、手入れをし続ければずっと使用ことができます。